サッカーで膝を痛めてから、走ると痛みが出てしまう

中学時代、サッカーをしていて膝を痛めました。

何かにぶつかったとか特に思い当たる点はなかったので、疲労痛に違いない、すぐに治るだろうと思い、これといった治療もせず2週間ほど痛みに耐えながら運動を続けていたのですが、ある日朝起きると立ち上がれなくなるほど痛くなっていました。

さすがにまずいと思い、病院に行ったところ整形外科の先生にオズグット病と診断され、しばらく運動を控えるように言われました。

すると数日で痛みは引き、動けるようになったのですがサッカーをやると1ヶ月ほどで痛くなってしまい、痛くなっては休み、休んでは痛くなるまでやるという生活を一年間ほど続けました。

また、膝にものがぶつかったり、人と接触したりするととてつもない痛みが走り、しばらく動けなくなってしまうことが多々ありました。

特に長く走るのがよくないようでサッカーのトレーニングでマラソンをすると1週間以内には必ず痛みが出ていました。

痛みとしては膝に何かが突き刺さるような痛みで膝を曲げる、あるいは伸ばすと痛みを感じました。階段の登り降りが最も辛かったです。また、膝に手を当てるとギシギシと音がしました。

 

膝を冷やして動くことで安静に!

今は痛みは解消しました。

もともと成長痛だったので僕の成長が止まったということなのでしょう。

正直痛みが止まったということは成長が止まったということに気付いた時は少し悲しい気もしましたが、高校の3年間はその痛みに苦しむことなく精一杯スポーツに取り組むことができました。

しかし、僕の膝の骨は人より大分飛び出しています。痛みはなくなったものの、膝の骨は出たままで、押すと違和感を感じます。

中学時代に休んではいたものの、少し無理をしてしまったのでこうなってしまったのだと思います。痛みの解消として最も有効だったのは安静にすることよりも冷やすことです。

生活する上で、膝を全く動かさないということは不可能でした。

運動はしなくても学校には行かなくてはいけなかったり、家の中でも最低限動かなくてはいけないことがあったので、その際は必ず膝を冷やしながら動いていました。

膝を冷やすと痛みは大分緩和され普通の生活が送れる上、痛みが治まるのも早かった気がします。

もし、今オズグット病に悩まされている人がいるのなら安静にすることに加えて動く時には膝を冷やしながら動くことをお勧めします。

ジョギング 膝 サプリ

 

パソコンの事務作業で目が疲れる

長時間、集中してパソコンで事務作業をするので間が疲れやすいです。

あまりひどいときは目の疲れのため眠れないこともあります。パソコンのモニターやスマホの画面はなるべく疲れないように反射しないノングレアの物にしてますがさすがに長時間では疲れます。

目薬をさしたり、眉間をマッサージしたら少しは楽になりますが一時的かもわかりません。時にはスマホをやめたりして目の休養をすることも大事と思います。

あまりケアしなかったりすると視力低下やひどい人は目の障害を起こすこともあり得るので気にするように心がけたいと思います。でも普段からスマホを使用していると癖でつい長時間見てしまいます。

スマホがなかった頃は平気でしたが一旦便利さを知ってしまうとなかなかやめられませんね、目の疲れは色々と障害も出るのでなるべくケアを忘れすにしたいと思います。

以前に比べると視力は少し低下したように思えるので、本当に気を付けながらせめて長時間パソコンやスマホを使わないように意識をしたいと思います。

 

 

目の疲れは避けられないので、生活スタイルを改善しています

目の疲れの解決はまだできていませんが、せめてせいかつあの習慣を改めたりしながら改善できればと思ってます。

どうしても仕事の業務でパソコンやスマホを使用するので仕方がない部分もあります。

プライベートでも便利なのでつい使ってしまいますので意識して控えるように心掛けなければなりません。もしこれ以上ひどくなるようなら病院で相談しながら考えなければなりません。

不眠症や睡眠障害などになりますので軽く考えずにケアをしなければなりません。

現在、少し不眠がちなので責めて睡眠をとる数時間前にはパソコンやスマホのしようをやめて目をいたわるように心がけてはいますが…

目の疲れは普段この生活では影響がでないのでケアがおろそかになります。

色々と影響が出てからでは遅いのでせめて生活のスタイルを改善したりして少しでも目に負担をかけないように意識をしていますが、忙しいときなどつい忘れがちになるのでなるべく意識することを忘れないようにして目をいたわるように心掛けてます。

また、パソコンでの目疲れはサプリで改善できそうです。

 

仕事中にパソコンを前にして目の奥が痛くなる

仕事中、パソコンの画面を見ていて急に目の奥が痛く感じることがあります。

視力は悪くない方ですが、疲れている時に目を強く瞑って目を開けると、少し視界がぼやけてしまいます。

眩しさも感じ、その時はパソコンの画面を暗くしてしまいますが、そのまま作業を続けているとどんどん目の疲れが増しているような気もします。

定期的に目薬はさすように心がけていますが、つい忘れてしまい、冬場などは足元のヒーターでドラアイアイも酷くなっていると思います。夕方頃になると瞼の上のあたりがジーンと痛くなってきます。

仕事でパソコンを長時間見て目が疲れているのに、帰宅してからもスマホの画面を長時間眺めてしまうので、定期的にジーンとした痛みを感じ、瞼をマッサージしますが特に改善はされているようには感じません。

1日の中で、パソコンやスマホの画面を見ていない時間の方が短いかもしれません。目の疲れや痛みから、こめかみの辺りの頭痛に繋がってしまう時もあります。

 

スマホを見ずに目薬をさして対応

仕事も一息つく時は短い時間ではありますが、スマホを見ないようにして目薬をさして目も休ませるようには心がけています。

目のジーンとした痛みと疲れに悩まされ、インターネットで目の疲れ対策を検索し、半年前に眼鏡ショップでブルーライト対応の眼鏡を購入しました。自宅で長時間スマホゲームなどをする際もかけるようにしています。

また帰宅してお化粧を落としてから、たまにではありますが、濡らして温めたタオルを瞑った瞼の上にのせて目の疲れをとっています。

一時的にではありますが改善されたように感じます。目の疲れが原因で、こめかみの辺りに頭痛がしてしまう時は、指の関節を使って瞼をオイルマッサージするようにしています。

暗い中でスマホやパソコンの画面を見ないように心がけ、部屋の電気を消し就寝する前にはスマホの画面を見ないようにしています。

また今後なにか日々の目の疲労感にきく簡単な対策グッズがあれば試してみたいと思います。

また、サプリがパソコンによる目の疲れを改善してくれるので、助かっています。

 

一瞬目の神経が切れたように充血することも・・・

私は、小学校1年生の1月に脳腫瘍にかかってしまい、小学校2年生の4月に退院いたしました。しかし、脳腫瘍の後遺症で全身の左の筋肉が衰えてしまいました。

そのため、右目を瞬きはできるのですが、左目の瞬きができなくなってしまいました。

この後遺症のため、パソコンやスマートフォンを長時間使用し、画面を数分から数時間集中して見

続けていると、目が疲れてきます。
数年前まではパソコン教室に通っていて、数時間以上パソコンに向かって作業をしていることが多く、ドライアイになることがありました。

ひどいときには、一瞬、目の神経が切れたようになり、充血になってしまったことがあります。

現在は充血になるということはなくなりましたが、パソコンやスマートフォンを使用する機会が増えたため、目の疲れやドライアイが頻繁に起こります。

詳しい症状としましては、まつげがねばねばした液体のようなもので湿ってしまい、数秒でも目を開けることが困難になってしまいます。

 

目が疲れてきたら、目を強制的に閉じて潤いを与える

私がドライアイなどで目が疲れた際の対処方法は主に2つあります。

1つ目は、自然の風や太陽にあたるように、人工的なものに頼らないで目の疲れを癒すことを意識しています。

外に出ることが難しいときは、人通りの少ない廊下やデジタル機器の少ない部屋に移動して、目の疲れを癒します。

目薬だとどうしても、使ってみないと自分に合った目薬なのかということが分かりませんし、結局は体内に異物を投入しているので、自然回復の方が健康に良いと思ったからです、

また、私は過去に脳腫瘍の経験があるので、ほかの病気につながるリスクが高いと思い自然回復を優先しています。

2つ目は、手で左瞼を強制的につぶらせるという方法です。

パソコン作業などを長時間していると、数秒でも目が開けられなくなることがあります。その時には、目を強制的に閉じさせ、目に潤いを与え、目の疲れを癒します。

目が疲れた時には大体この2つの方法で対処しています。

しかし、仕事に影響が出るので、数時間に一度は目を休ませるということを意識して作業に取り組んでいます。

また、サプリがパソコンで疲れた目を癒してくれるということで、サプリも飲んでいます。

 

毎日何かしらの悩みを抱えて疲労感がとれません

睡眠が浅いし、何をするにも行動力が天候によって変わります。

身体のだるさ、でも、子供がいるため、だらけてはいけないと言う気持ちと闘い続けています。

天候が悪いと元気がなくなり、節々の関節がやんだりもします。

手の色の変化、動き、言いたいことが思いつかないないなど、ほとんどがあります。

眼労疲労、肩こり背中痛み、、その時によって症状が違いは、多数です。

疲労があってもどのようなと沢山のことが書くことは、書けませんが、とても何もしたくなくうつ病の症状なのかと思うことがありますが、それは、ゆっくり休んでいない、神経を使いすぎているなど、色々と自立神経が追いつかないということも多々あります。

毎日、悩みを持ち、色々な方がやはり、仕事をしなくては、いけないというプレッシャーの中でしか生活していかなくていけないこ時代であり、毎日神経を張り詰めていく生活を送らなくてはいけない世界でしかないのかとよく思う最近の疲労の原因です。

 

気分転換をしたりサプリを飲んだりしています

疲労回復には、気分転換にお風呂屋さんに行ったり、トレーニングをして汗を出して、違う疲れを得ることによって変わっていくと思います。

趣味を持ちそれに打ち込み、気晴らしをする。

自分の趣味に集中する、家族のいる方は、一人の時間を作り、家族のことを忘れる。

サプリメント補充、食事を必ず3食、青汁、漢方薬品エスペクト、q10、栄養ドリンク、命の母を飲んです。

やはり漢方系を飲むのが、身体にも負担がなく、即効性があるように思っています。

それは、自然食品のもので値段は高いと思いますが、やはりの飲んでいくうちに、効果はでできます。

昔は、高いだけと思いますが、飲んでいくうちに、人より病気をもっているので、効果は遅いですが、回復に向かっているのは、検査結果に出でいます。

この会社の商品は、飲んだ人だけが、実感できると思います。副作用が出やすい自分にとっては、とてもよかったと思います。何件も飲んだことも働いたこともありますが、自分の疲労回復には、良いと思います。

【ランキング】疲れに効く!サプリメント情報【ベスト3】

 

毎日することが多くて休めずに辛い!

主婦のため、日々の生活がどうしても家族に合わせての時間になっています。

平日は仕事もしているため、休みたい時に休む事もできず、また、土日になると子供の部活動やクラブチームの遠征があるので尚更休めないのがもう何年も続いています。

自分1人の時間でさえ貴重なほど、ほとんどありません。身体の疲れはありますが、毎日毎日する事に追われて1日が終わるといった感じです。

身体ももちろん休めたいですが、自分の時間がとれず精神的にも 疲労を感じています。

付き合いで飲み会など行く時などありますがどうしても次の日の事を考えてしまい心から楽しむ事が出来なかったり、知人の自宅に招かれた場所が遠方だとすると『遠くて面倒だなぁ』と思ってしまう自分が嫌になったり…

そんな時、気持ちに余裕がないんだなと感じてしまいます。

それもきっと日々の生活に追われて私はいつ休むんだ?と考えているからなんだと思います。

 

どのようにすればぐっすり眠れるのかを考えたい

何年か前までは疲労をとるという目的から離れてしまいますが、気持ちの切り替えや夜グッスリ寝るためにジョギングをしていました。

が、最近ではその時間もなくなってしまいました。今後の事を考えると、身体が疲れていた時には横になる、子供にも少しは合わせてもらうなど方向転換しようかと考えています。

休養と運動をバランス良くとれたならば私にとって身体も気持ちも疲労を感じなくなると思ってます。

人によっては睡眠をしっかりとると疲労がなくなる方もいると思いますが、私の場合睡眠時間よりもぐっすり寝れたか…という睡眠の質のため、どうしたらぐっすり寝れるかを考えたいです。

また、気持ちの余裕ができるようになるには自分の時間を作るように工夫していき、心身ともに疲労を感じないようにしていきたいと思います。

疲労の感じ方は人それぞれ違うと思いますが、取り方に関しても人それぞれ違うと思いますので、その人に合った取り方をするのが一番良いと感じました。

迷った時の最終ナビ@疲れに効くサプリメントランキング

 

足も腰も肩も重く、座れる場所を探してしまう

まずは、足。足が重たいと感じることが多くあります。

立っているときついので、早く座りたくて座る場所を探してしまいます。

長時間立って作業すると、痛いのとだるいので夜眠れないくらいです。

次に腰。腰は子どもを抱っこしたり、おんぶしたりするのでかなり痛くなります。抱っこやおんぶをしたあと、動けなくなるくらい腰が痛くなります。

そして、それが蓄積されるのか常に痛くなっています。腰を捻ったり、曲げたり伸ばしたりする行動が、痛くてゆっくりになります。

次に肩。肩は肩こりがひどいです。それは、やはり子どもを抱っこやおんぶするから。

肩こりはずっと治らず、ひどい日には頭が痛くなります。肩を回したりも痛くて、上のものを取ったりするときが大変です。

毎日、きつくてゆっくりしたいと思うけど、子どもがいるのでゆっくりすることもできず、疲れは溜まる一方です。

最近は、体が思うように動かないせいか、イライラしてることが多いです。

たまに子どもに当たってしまい、反省します。

 

子どもたちとお散歩に出かけて綺麗な景色を見ています

今のところ、お風呂にゆっくり浸かったり、お風呂上がりにストレッチしたりする方法しか思いつきません。

しかし、わかってはいるけど、なかなかその時間がとれずできていないのが現実です。

今の疲労を取る方法は、子どもたちとお散歩にいき綺麗な景色や雰囲気に浸ること。

またドライブして気持ちをリフレッシュさせることです。お散歩に行くと体の疲れがでるのですが、外の風を感じたり、いろいろなものを見たり、子どもたちの楽しそうな姿を見ると気持ちがリフレッシュされ、体の疲労感もなくなった気がします。

あと、たまにマッサージチェアーに座ってマッサージをします。1回だけではなく、何回かマッサージをしてもらうと少し軽くなった感じになります。

もう一つ、機嫌のいいときに主人がマッサージをしてくれます。足の先からずっと頭までやってくれるのでとても気持ちがいいし、体が軽くなります。

これから先、自分で思いつくストレッチやお風呂にゆっくり浸かる方法もできるよう、時間を見つけてやりたいと思います。

【お疲れの方必見】疲れに効くサプリメントはコレだ!

 

肩の重い痛み、ゴリゴリとした感覚

普段仕事は事務作業をしているので、作業中慢性的に起こります。

自分では気づいてない以上に凝っているみたいで、たまに美容室などで揉んでいただく際には、『今日来たお客さんの中で一番凝ってる!』と言われる程です。

凝っていると感じるのは、仕事中だけではなく帰宅してからもずっと肩が重く家に着くなり肩をぐるぐる回すか、帰宅中のバスで肩を自分で揉みながら帰る事もあります。

困るのは肩凝りのせいなのか、寝ている時に高確率で両手を挙げてねてしまう癖があります。そのせいで余計に凝って翌朝はとても肩が痛いです。手もとても冷えます。

痛みは重く、自分でも揉むと肩にゴリゴリとした感覚があります。腕を回さないと寝違えったような痛みを伴う時もあります。

美容師さん等に凝ってると言われるようになったのは最近なので仕事の影響かも知れませんが、もしかしたら凝りやすい体質なのかもしれません。

ピリピリ痛いなどの痛みはなくとにかく重くのしかかるような痛みです。

 

マッサージをしたり温めたりしています

最近は寒いこともあり、湯船に肩まで浸かる事と身体があったまるような入浴剤を入れて良く温まり血行を促進させながら自分でマッサージする事もあります。

一時期は湿布を貼ってたのですが、私は温めながらマッサージする方が自分の凝り方に合ってるような気がするので私は温める事に気をつけています。

整骨院や整体にも通いたいのですが、そうなるとずっと通い続けないといけないような気がして、出来るだけ自分で改善できるようには心がけています。

血行を促すことが大切だと思っているので食事もなるべく身体を冷やさない食事を摂る様に心がけています。後は仕事中も頻繁に腕を回すようになりました。

ずっと同じ体勢だと身体も温まらないし肩凝りする一方だと思うので、時間を見つけて身体を動かす様には心掛けています。

ただ、睡眠中はどうにもならなく、結局寝ている間に手を上げてしまい翌朝また凝っているという事はまだあります。

肩凝りは長い目で付き合っていかなければ行けないと思ってるので、改善策をまだ模索しています。

50肩にサプリメントが効くということで、検討中です。

 

30代に入ってから肩こりに悩まされるようになった

肩こりは、20代の頃は、まったくなかったのですが、30代になってから、肩こりがでるようになりました。

肩が固くなって、少し痛みがでてしまいます。
肩がだるくなってしまうこともあります。

原因は、30代になってから、パソコンによる作業を多くするようになったからだと思います。
パソコンで作業をする時は、とても緊張しながら、入力作業などをしているので、1時間も続けると肩こりがでてしまいます。

肩こりは、しびれのような感覚も出てくるので、そのままパソコンの作業を続けるのが、疲れてしまってできないことがあります。

それと30代になってからは、運動不足になってしまい、肩を動かすことがあまりなくなったので、それで血流が悪くなって、肩こりが起こるのかな?と思ってしまいました。

たしかに学生時代の10代の頃は、陸上スポーツをしていたので、筋力があったのですが、今はスポーツをやめてしまったので、筋力がその頃よりも落ちてしまいました。

すると、パソコン作業などを一日した翌日などは、肩こりが出てしまうことも多くなってしまいました。

 

1時間に1回は絶対に休憩を入れ、お風呂で肩を温める

肩こりは、とりあえずパソコンで作業している時は、1時間に1度は、どんなに作業を続けたくても、意図的に休憩をいれるようにしています。

目安は、1時間作業をすると、飲み物を用意するなどの用事を見つけて、5分ほどでも休むようにしています。

ついついパソコンの作業は、熱中してしまうので、無理矢理に席を離れるようにします。
蒸しタオルなどを作って、肩にあてることも、やっていくようにしました。

それと、お風呂はいつもさっさと入ってしまっていたのですが、肩を温めるように、ゆっくりと入るようにしました。

NHKの番組などで、肩こりの特集があると、見るようにしています。
そこで、肩こりには、肩わましなどの運動が良いと言っていたので、夜に肩まわしなどをするようにして、血流を良くするようにしています。

運動不足だったので、10代の頃のように、なるべくスポーツなどをこれからしていこうかな?と思っています。

同じ事業所の人は、スポーツジムに通っているので、一緒に通ってみようかな?と思っています。
そうすれば、肩こりもなくなっていくかな?と思っています。

サプリメントの中で50肩に効くものを調べました!

早速試してみたいです。

肩こりが酷く、無理にあげようとすると痛くてあがらない

元々凝り性で肩こりに日々悩まされています。

痛み方は日によって違うんですが痛い時は肩が上がりにくくて無理に上げようとすると痛くてあげられません。

痛みがない時もあるんです。
あ、今日は調子が良いなと思う時もあります。

だから余計病院へは行かないんですよね・・痛み方は痛い時は肩をあげられなくて上げるとズキズキします。

重い物がのっている感覚というかよいしょって感じです。
肩こりは遺伝があると言われていますが本当に遺伝があるんでしょうか?

私の両親は肩こりが酷いのでそのせいもあるのかなと思っているのですが
毎日肩こりに悩まされているのかというとそんなことはないんですが
やはりデスクワークした時や洗濯物を取り入れたりするときも肩をあげたりするので
そういう時に痛む時が多いです。

あとは肩をグルグル回そうとしたらなかなかスムーズに痛くて回せなかったりもします。
耐えられない痛みではないのであまり気にせずいつか治るだろうと思いながら過ごしています。

 

マッサージをしてもらってもまた痛くなるので病院に行こうかと。

肩こりは学生の時から痛いなと感じてはいました。
なので何十年も痛みはあるんですが、たいして病院へ行って診てもらったりしたことはありません。

行ったことがあるのは整骨院やマッサージぐらいです。

整骨院も通ったらよくなるのかもしれませんが時間もないので1回行ってだいぶ日にちが経ってからまた行ってという感じできちんと定期的に行ったりしたことがありません。

マッサージは最近辛いので行くようになりました。

肩こりからくる頭痛もするようになってきたので楽になりたいなと思い行きだしました。
行ってマッサージしてもらうと楽にはなるんです。

でもまた日にちが経つと普段と変わらない
また痛みだすんです。

今後はきちんと診てもらった方がいいのかなと思っています。

変な病気とかになってたら怖いのでなかなか病院へ行く勇気もないんですが
かかってからでは遅いのできちんと行くべきだなと思っています。

マッサージもたまに通おうかなと思っています。
その時だけかもしれませんがやってもらっている時は凄く気持ちがいいので・・

サプリメントは50肩に効くものがあるのかと思っていたところ、ありました。試してみたいです。