ボールを投げる瞬間に痛みが走る

中学時代からピッチャーをしていたのですが、投球回数が多くなると肘がかなり痛くなりました。

日常生活ではそれほど痛くないのですが、投げる瞬間に肘に痛みが走り、満足に投げられませんでした。

その際は整骨院などに通い、電気治療などいろいろ治療はしましたが、これといって決め手がなく結局痛みが治まるまで静養し、治まったらまた投げるという事を繰り返していました。

その後も野球は続けていたのですが、20代後半の頃、アップを良くせずいきなり試合でピッチャーをすることがあり、その試合はなんとか投げ切ったものの、試合後痛みで肩が上がらなくなりました。

しばらくは痛みが続き、あまりに痛いのでピッチャーはあきらめ、内野にポジションを変わることにしました。

主にサードを守ることが多かったのですが、シーズンオフになると肩を休めることができ、痛みもなくなるのですが、次のシーズンが始まると最初のうちは普通に送球できるのですが、試合が重なってくるとどんどん痛み送球できなくなり、ワンバウンド送球でなんとかごまかしています。

その後も状況は変わらず、今でも試合の前半は普通に投げられるものの後半になってくるとどんどん痛みで投げられない状況が続いています。

 

痛くなったらごまかして投げる

基本的には投げ続けているうちはどのような治療をしても痛みは治まりませんでした。

痛くなったらごまかして投げて、試合後は痛みが治まるまで肩を強く使う事はせず、静養に充てるという事を繰り返しています。

肩の使用が減ってくれば痛み自体は引きますので日常生活に困るようなことはありませんが、試合などで肩を使わざる負えない状況が続くとまた肩に痛みが走るという状況です。

状況を根本的に解消するには手術などの方法もあったと思いますが、それほど高いレベルで野球をしているわけではなかったので、そこまでする必要はないだろうと思い、ごまかしながら野球を続けています。

若い頃は肩周りの筋肉を鍛えてなるべく負担がかからないようにしたり、ゴムチューブなどを使って調整をしたり、肩の可動域確保のためのストレッチをしたり、キネシオテープでの保護などもしてみましたが、どれも決定的な効果はありませんでしたので、いつの頃からあきらめて、痛くなったら投げないで休ませるという事に落ち着きました。

サプリランキングの中に野球肩のサプリがあったので、買いたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です